注文住宅業者をどうやって探す?

家を建てるときの業者選び

注文住宅を建てるときは、その内容によって発注する業者が違ってきます。大きく三つのパターンがあり、まず一つめは設計事務所に依頼して建築工事を工務店に依頼する形です。二つめは、設計と施工をどちらも同じ工務店に頼む方法です。そして三つめは、ハウスメーカーに同じように設計と施工を発注するパターンです。工務店とハウスメーカーは本来、施工業者なので、設計力はどうしても設計事務所に劣りますが、一括で家づくりを頼めるので手間が少ないというメリットがあります。 凝ったデザインの家にしたい人や、家づくりに多く時間を割ける人は設計事務所への依頼が向きます。 ハウスメーカーは自社のサイトがあったり、メディアに広告を打ったりするので一番探しやすいと言えます。

設計事務所の探し方と選び方

機能やデザインにこだわった家を建てたいときは、設計事務所に設計を依頼するとよいでしょう。 まずはマイホーム関連の出版物をチェックします。取材記事で登場する有名な建築士への依頼は難しくても、設計の考え方の参考になります。また、ほかのページには地元に近い設計事務所が広告を出しているかもしれません。 情報収集の基本として、やはりインターネットも重宝します。設計事務所自身のサイトがあれば得意分野や過去の実績、料金の目安が分かりますし、なかには住宅建築の基礎知識を紹介しているサイトもあります。 また、家や最寄り駅、勤め先の近所で歩いて探してみるのも手です。設計は少なからずセンスが問われる仕事なので、事務所の建物が素敵だったから依頼した、というのも案外的外れではありません。