注文住宅を建てる土地はどうする?

土地選びが必要になります

土地選びは将来に向かって動かせないもので、主として勤務地とか通学面で選択するようになると思われます。又、一戸建ての場合には駅からの徒歩時間で選ぶとなると土地の取得代も高額になることから、敷地の一角に駐車場が設置されていてマイカーで通勤することになると思われます。 土地を探すには家族の人数やそれから作られる間取りの検討から平屋、あるいは2階建ての住宅が計画されて、延床面積を設定することになります。 最近は坪単価から家を建てる方法だけではなく、自由設計という手法があってこの方法なら総額で建築費用を出すことができるので幾分融通がつく方法とされています。建築条件付きの土地という場合もありますから、そのあたりの制限事項も把握しておく必要があります。

具体的な土地探しとはどういう方法を取るのか

不動産業者を1軒1軒訪ねて回り、営業マンの説明を聞くという方法もありますがこれでは時間と労力、それに多額の費用を必要とし効率的とは言えません。 サイトからであれば誰でも土地の情報がエリアや鉄道沿線沿い、あるいは地図上からも探せます。 場所についての詳しい情報も掲載されていますし、区画の図面では方角や敷地の各辺の長さと接面道路及びその幅員などが記載されています。そこで家を建てるとしたら高さ制限や斜線制限、建蔽率や容積率など都市計画法とか建築基準法などからどんな制限を受けるのかも知っておく必要があります。そしてその場所がどういう環境なのか買い物や銀行、役場、病院その他の利便施設を調べたり、曜日を変えたり時間帯を変えて環境を掴むと安心できます。